応募対象者小中学校に在学する児童生徒。
応募課題3つの課題の中から一つを選んでください。
1.平成26年4月25日(金)〜9月15日(月)の期間に読んだ新聞記事の感想。該当の記事を切り抜いて添付。
小学校1〜2年生の部の児童は、家族の方に新聞記事を読んでもらい、その感想を作文にしたものでもよいとします。添付する新聞は作品の最後のページの右上にホチキスで留めてください。
2.「こんな新聞があったら」
3.「私が新聞記者だったらこんな記事を書いてみたい」
応募方法
応募学校単位でも個人でも応募を受け付けます。
原稿用紙専用原稿用紙(コピー可)か、市販のB4判400字詰め原稿用紙を使用してください。
専用原稿用紙のダウンロード(PDF形式・約2MB)
字数小学校1〜4年生は800字以内、小学校5〜6年生は1200字以内、中学生は1600字以内。
注意専用原稿用紙〈コピー可〉の場合…1ページ目の必須記入欄(1)に題名、学校名、学年、氏名(フリガナ)、課題番号を記入し、必須記入欄(2)に住所、電話番号、保護者氏名を記入してください。
市販の原稿用紙の場合…1ページ目の1行目に題名と課題番号、2行目に学校名、学年、3行目に氏名(フリガナ)、4行目はあけて5行目から書き始めてください。作品の最後に住所、電話番号、保護者氏名を必ず記入してください。
応募先〒400-8515 甲府市北口2-6-10 山梨日日新聞社販売局内「小中学生新聞感想文コンクール」事務局へ郵送または、持参してください。
山梨日日新聞の新聞販売店でも受け付けます。
締め切り平成26年9月18日(木)必着
発表上位入賞作品と全入賞者名は山梨日日新聞紙面で発表します。
表彰
部門小学校1〜2年生の部 / 小学校3〜4年生の部 / 小学校5〜6年生の部 / 中学校1年生の部 / 中学校2年生の部 / 中学校3年生の部
各部門とも最優秀賞1編、優秀賞2編、入選3編、佳作4編とし、各賞に表彰楯などを贈ります。
今回より各部門から選ばれた最優秀賞6編の中から最も優れた作品1編に、最優秀賞と併せて文部科学大臣賞を贈ります。
参加賞応募者全員に贈ります。
表彰式平成26年11月8日(土) (予定)

※作品は未発表のものに限ります。一人一作品とします。応募作品は返却しません。
※入賞作品(最優秀賞、優秀賞、入選、佳作)の著作権は山梨日日新聞社に帰属します。
※ご応募いただいた作品は、個人情報保護法に基づき、事務局で適切に管理します。

現在、ご自宅等で山梨日日新聞をご購読されていない方には、1カ月間のうちの7日間に限り試読紙をお届けいたします。
試読は無料です。ご購読の契約義務はありません。
申し込みから2〜3日後のお届けとなります。
【お申し込み】055-231-3132(日・祝日を除く9:00〜17:30)
試読お申し込みページ

主催:山梨日日新聞社/山日会(山梨日日新聞を扱う販売店主の会)
後援:文部科学省/山梨県教育委員会

お問い合わせ先
山梨日日新聞社販売局内 「小中学生新聞感想文コンクール事務局」
〒400-8515 甲府市北口2-6-10
055-231-3132(日・祝日を除く9:00〜17:00)


記事・写真・イラストの無断掲載・転用を禁じます。Copyright 2014- 山梨日日新聞社 THE YAMANASHI NICHINICHI SHIMBUN.