ホーム
最新
山梨
全国・海外
スポーツ
Eye
安心・安全情報
おくやみ・催し・人事
写真・動画
分かる・知る
山梨日日新聞社インフォメーションサイト

また一石投じた佐々木 春の空
~私の「一語白書」

2022年5月8日 11時05分
 4月24日のオリックス戦の2回、白井一行球審(奥左)に詰め寄られたロッテの佐々木朗希投手(手前左)=京セラドーム大阪

 4月24日のオリックス戦の2回、白井一行球審(奥左)に詰め寄られたロッテの佐々木朗希投手(手前左)=京セラドーム大阪

 時は1961(昭和36)年10月29日、巨人対南海の日本シリーズ第4戦。ここまで1勝2敗の南海(現ソフトバンク)が3対2でリードしていた9回裏に、俳句となった“事件”が起きた。
 二死満塁と粘る巨人打線に対し、2ストライクを取った投手・スタンカが、打者・宮本に決め球を投じた。外角にストンと落ちたフォークボールに手が出ない宮本。三振で試合終了と思いきや、主審・円城寺満の判定はボールに。スタンカと捕手・野村が抗議するが、覆らず...