ホーム
最新
山梨
全国・海外
スポーツ
Eye
安心・安全情報
おくやみ・催し・人事
写真・動画
分かる・知る
山梨日日新聞社インフォメーションサイト

古関作品にみる 戦争との距離
~私の「一語白書」

2020年12月27日 11時05分

 昭和を代表する作曲家である古関裕而(1909~88年)。歌謡曲から軍歌、ラジオドラマ、スポーツ、校歌まで生涯に5千曲もの歌をつくった。特に戦時中は「露営の歌」「暁に祈る」「若鷲の歌」などの軍歌(戦時歌謡)を、戦後は「とんがり帽子」「長崎の鐘」「栄冠は君に輝く」など復興や鎮魂、さらには国民を勇気づける歌を手がけた。運命に翻弄されたかのような、多岐にわたる作曲家人生。今年のNHKの朝ドラ『エール』で取り上げられた。
...