ホーム
最新
山梨
全国・海外
スポーツ
Eye
安心・安全情報
おくやみ・催し・人事
写真・動画
分かる・知る
山梨日日新聞社インフォメーションサイト

40年 早川町長の半生〈1〉地域に夢と希望を

2020年10月21日
【辻一幸(つじ・かずゆき)氏】1940年早川町生まれ。甲府北中、甲府一高、青山学院大卒。1980年の町長選で初当選。2016年の前回選挙まで10回連続で当選している。10回の町長選のうち、92年と2012年の2回を除き、無投票で当選。当選回数が現職首長では全国最多となっている。80歳。

【辻一幸(つじ・かずゆき)氏】1940年早川町生まれ。甲府北中、甲府一高、青山学院大卒。1980年の町長選で初当選。2016年の前回選挙まで10回連続で当選している。10回の町長選のうち、92年と2012年の2回を除き、無投票で当選。当選回数が現職首長では全国最多となっている。80歳。

 任期満了に伴う早川町長選は20日、現職の辻一幸氏(80)が無投票で11選を果たした。全国の現役の知事や市区町村長の中で最多を誇る11選。なぜこれほど長く町長を続け、40年にわたり町をどう導いてきたのか。政治を志すいきさつから現在に至るまでの半生について、じっくり聞いたインタビューを連載で伝える。〈聞き手・小林諒一〉...