ホーム
最新
山梨
全国・海外
スポーツ
Eye
安心・安全情報
おくやみ・催し・人事
写真・動画
分かる・知る
山梨日日新聞社インフォメーションサイト

非常時、隣人の親切に感謝

2020年9月22日 7時10分

ロンドン(英国) ヴァンダースケイフ日出美

 昨年5月に夫が亡くなって16カ月が過ぎた。一回忌をと思っているうちにコロナ騒動が深刻になり、霊園も例にもれず3月から閉鎖されてしまい、ようやく6月中旬になって再開となったので早速墓参りに出かけた。来年春には日本式に三回忌を行いたいと願っているが、目下のところ先行きは不透明のままである。
 英国では規制が始まった途端、隣近所のつながりが急に深まった。各々が自発的に助け合いの精神を発揮し始めたのである。一人身となった私には隣人たちの親切がとてもうれしかった。一斉に何軒もの隣人が電話を掛けてくれたり、メモ書きを郵便受けに配布して、外出が不安であれば買い物をしてあげるから申し出るようにとか気分が悪ければ医者に連絡してあげるから電話をくださいなどの心配りを見せてくれた。
 幸い私は今日にいたるまでコロナには感染していないので週1回の買い物には車を運転して行っている。在英邦人の仲間たちの中で一人暮らしの高齢者が何人か居て高齢故に外出が怖い、したくないという人達のために隣人や同じアパートの住人たちが、今まであいさつくらいしかしなかった無縁の仲なのに医者からの処方箋も代わって取りに行って届けてくれる、買い物もしてドアの前においてくれる、日々の様子伺いもしてくれるという思いやりに心打たれて、こういう時にこそ英国に住む有難さを感謝しているほどだ。
 こんな感染率の高い感染症の流行時は知らない隣人との接触は避けるのが普通なのだが、率先して困っている人や高齢者に手を差し伸べようとする心意気に邦人は危機における英国での他人の温かい心に喜び、感謝している。(主婦、73歳、身延町出身)