ホーム
最新
山梨
全国・海外
スポーツ
Eye
安心・安全情報
おくやみ・催し・人事
写真・動画
分かる・知る
ビジネス

開府500年記念誌 教材に歴史解説 30日にシンポジウム

2020年8月8日 7時21分

 甲府市教委は30日、同市下今井町の市南公民館で、こうふ開府500年記念誌についてのシンポジウム「調査・執筆・編集から再認識した甲府の発展」を開く。
 開府500年を記念して刊行された「甲府歴史ものがたり」を執筆した県立博物館学芸員の小畑茂雄さんと帝京大文化財研究所研究員の数野雅彦さん、県立富士山世界遺産センター調査研究スタッフの金子誠司さんが講師を務める。記念誌を教材に、市の文化や歴史の魅力について解説する。
 シンポジウムは午前9時45分~正午、午後1時45分~4時の2回行われる。定員は各回先着50人。事前に申し込みが必要。
 問い合わせと申し込みは市教委歴史文化財課、電話055(223)7324。