ホーム
最新
山梨
全国・海外
スポーツ
Eye
安心・安全情報
おくやみ・催し・人事
写真・動画
分かる・知る
ビジネス

峡南、富士五湖で200ミリ予想

2020年06月30日 18時05分

 甲府地方気象台は30日午後5時32分、大雨と雷及び降ひょうに関する山梨県気象情報を出した。県内は前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、7月1日朝にかけて山地を中心に雷を伴った激しい雨が降る。予想より強まった場合は、警報級の大雨となる可能性がある。
 30日午後6時から7月1日午後6時まで予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、峡南、富士五湖200ミリ、東部150ミリ、中北、峡東100ミリの見込み。同気象台は、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に警戒を呼び掛けている。また、落雷や竜巻などの激しい突風や降ひょうの恐れもあり、農作物や農業施設の管理にも注意が必要。