ホーム
最新
山梨
全国・海外
スポーツ
Eye
安心・安全情報
おくやみ・催し・人事
写真・動画
分かる・知る
ビジネス

地域経済どう支える〈上〉山梨中銀・関頭取に聞く

2020年05月27日
新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、金融機関の役割や取り組みについて話す山梨中央銀行の関光良頭取=山梨中央銀行本店

新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、金融機関の役割や取り組みについて話す山梨中央銀行の関光良頭取=山梨中央銀行本店

 新型コロナウイルスの感染拡大で、県内の事業者の経営環境は日増しに厳しくなっている。先行きは不透明で、疲弊する地域経済を守るため、地域金融機関の真価が問われている。山梨中央銀行の関光良頭取に感染対策や金融機関の役割、取り組みについて聞いた。3回連載で伝える。※4月下旬の取材時点での内容になっています。〈野口健介〉

 関頭取 コロナ対応に臨むに当たっての山梨中央銀行の使命は何なのかということ。地域密着と健全経営という理念を持っている。さまざまなステークホルダー(取引先)に対して銀行の使命を果たしていく。そういう意識を前提にして今回、新型コロナウイルスという世界的な、歴史的にも大きいインパクトがある出来事に対し、どういう使命を持って、果たしていくのかという観点から臨んでいきたい。

■二つの視点
 考えるべき視点は二つ。地域銀行からが一つ、その枠を超えて企業市民としてどういう使命があるのかが二つ目。常に意識していく...