ホーム
最新
山梨
全国・海外
スポーツ
Eye
安心・安全情報
おくやみ・催し・人事
写真・動画
分かる・知る
ビジネス

プログラミング教育導入 目的や意義教諭ら自問

2020年02月25日 05時00分
プログラミング教育の公開授業を見学する教育関係者ら。教育現場ではプログラミング教育の目的の共有が課題となっている=竜王小

プログラミング教育の公開授業を見学する教育関係者ら。教育現場ではプログラミング教育の目的の共有が課題となっている=竜王小

 「プログラミング教育で論理的思考を学ばせることはできると思うが、それだけでは足りないのではないか」。1月下旬、甲斐・竜王小で行われた公開授業研究会。4年前から取り組む“先進校”の取り組みの見学を終えた教諭からは、「目的」や「意義」についての質問が集中した。
 公開授業では社会科で学んだ自然災害と関連付け、車型ロボットをプログラミングで動かす授業を実施。担当した清水仁教諭は「論理的思考にとどまらず、よりよい社会づくりに生かせる学びにつながることを子どもたちに伝えようと思った」と説明

※この企画への読者のご意見やご感想、情報提供をお待ちしています。山梨日日新聞社の公式ツイッター(@sannichi)とフェイスブックまで。ツイッターで「#学び新時代山梨」と入力して投稿する方法でも受け付けます。
 郵便番号400-8515、甲府市北口2の6の10、山梨日日新聞社編集局「学び新時代 山梨」取材班(ファクス055・231・3161、メールhenshuu@sannichi.co.jp)...