ホーム
最新
山梨
全国・海外
スポーツ
Eye
安心・安全情報
おくやみ・催し・人事
写真・動画
分かる・知る
ビジネス

女児不明のキャンプ場 沢氾濫、林道陥没

2019年10月14日 08時48分
椿沢が氾濫し、大量の岩石と倒木で覆われたキャンプ場と林道=道志村

椿沢が氾濫し、大量の岩石と倒木で覆われたキャンプ場と林道=道志村

椿沢が氾濫し、大量の岩石と倒木で覆われたキャンプ場と林道=道志村

椿沢が氾濫し、大量の岩石と倒木で覆われたキャンプ場と林道=道志村

 台風19号の大雨で、千葉県成田市の小学1年小倉美咲さん(7)が行方不明になった道志村の「椿荘オートキャンプ場」は近くの沢が氾濫し、被害を受けた。
 村総務課によると、キャンプ場近くを流れる椿沢が氾濫し、大量の岩石や倒木などがキャンプ場に流れ込んだ。周辺の林道は、沢からあふれた水でアスファルト下の砂利が流されて陥没。車での通行ができない状態になっている。
 沢と林道を管理する村は「現地を確認した上で対応を決めていく」としている。
 一方、小倉さんの捜索を続けるボランティア団体は台風の接近を踏まえて11~13日の捜索を見合わせた。
 捜索の再開時期は現段階で未定としている。
 小倉さんは9月21日、母や姉、友人家族らとキャンプ場に到着。小川へ遊びに行った子どもたちを1人で追い掛けて行方が分からなくなった。〈笠井憂弥〉