ホーム
最新
山梨
全国・海外
スポーツ
Eye
安心・安全情報
おくやみ・催し・人事
写真・動画
分かる・知る
ビジネス

峡南3校の連携型中高一貫 県境高特色づくり模索
教員負担増学力向上は未知数

2019年08月18日 05時00分
南部中の教師とともに身延高の教師も指導に当たった数学の授業=南部中(5月)

南部中の教師とともに身延高の教師も指導に当たった数学の授業=南部中(5月)

 身延高と身延、南部両中による連携型中高一貫教育が始まり、1学期を終えた。教員が相互に乗り入れる「授業アシスト」や6年間を通したキャリア教育など独自の教育課程を編成。県立高初の取り組みで、県教委は県境に位置する身延高の新たな特色となることや、中高生徒の交流促進など導入の意義を強調する。一方で、授業の準備や移動などで教員の負担は増加。学力向上に効果があるか未知数な面もある。...