ホーム
最新
山梨
全国・海外
スポーツ
Eye
安心・安全情報
おくやみ・催し・人事
写真・動画
分かる・知る
ビジネス

創業理念を継承、社名変更し新たなスタート
~ヴィンヤードの贈り物

2019年06月27日 11時05分
自社畑・駒園の前で、サクラアワードの「ベストジャパニーズワイン」に選ばれたワイン「Tao 甲州駒園2018」を持つ駒園ヴィンヤード社長の近藤修通さん

自社畑・駒園の前で、サクラアワードの「ベストジャパニーズワイン」に選ばれたワイン「Tao 甲州駒園2018」を持つ駒園ヴィンヤード社長の近藤修通さん

駒園畑で栽培している甲州種の生育状況を確認する近藤さん

駒園畑で栽培している甲州種の生育状況を確認する近藤さん

基本グレードの銘柄として新たに立ち上げた「駒園ブラン」「同ルージュ」

基本グレードの銘柄として新たに立ち上げた「駒園ブラン」「同ルージュ」

たるを使った白ワインの熟成状態をチェックする近藤さん

たるを使った白ワインの熟成状態をチェックする近藤さん

今年3月に新たなスタートを切った駒園ヴィンヤード=いずれも甲州市塩山藤木

今年3月に新たなスタートを切った駒園ヴィンヤード=いずれも甲州市塩山藤木

 甲州市塩山藤木の駒園ヴィンヤード(近藤修通社長)は、今年3月に五味葡萄酒から社名変更し誕生したワイナリー。昨年9月、オーナーが変わったことに伴い、新たなスタートを切った。
...