ホーム
最新
山梨
全国・海外
スポーツ
Eye
安心・安全情報
おくやみ・催し・人事
写真・動画
分かる・知る
ビジネス

地域金融はどうあるべきか
~遠藤長官が語る〈上〉

2019年03月26日 11時11分
 遠藤俊英(えんどう・としひで)氏 甲府南高から東大法学部に進み、1982年に大蔵省(現財務省)入省。金融庁では検査局長や監督局長を歴任し、2018年7月から金融庁長官。

 遠藤俊英(えんどう・としひで)氏 甲府南高から東大法学部に進み、1982年に大蔵省(現財務省)入省。金融庁では検査局長や監督局長を歴任し、2018年7月から金融庁長官。

 金融庁長官の遠藤俊英氏(60)=甲府市出身=がこのほど、講演会(県銀行協会など主催)のために来県し、取材に応じた。県内の人口が首都圏への流出などで減少していることに触れ、地域金融機関が将来にわたって安定した収益を得ることの難しさを指摘。ビジネスモデルの改革が必要との考えを示した。内容を一問一答形式で2回に分けて紹介する。
...