ホーム
最新
山梨
全国・海外
スポーツ
Eye
安心・安全情報
おくやみ・催し・人事
写真・動画
分かる・知る
ビジネス

横断道の県費減に自信 就任前の長崎新知事に聞く

2019年02月04日 05時00分
「政治によって物事は動くと県民が実感できる仕事をしたい」と述べる長崎幸太郎氏=笛吹市内

「政治によって物事は動くと県民が実感できる仕事をしたい」と述べる長崎幸太郎氏=笛吹市内

 山梨県知事選で初当選した長崎幸太郎氏(50)は3日、任期開始の17日を前に山梨日日新聞のインタビューに応じ、「政治で物事が動くことを県民に実感してもらい、政治に対する関心が高まる県政を目指す」と強調した。公約で掲げた中部横断自動車道整備の県費負担削減に自信を見せ、就任してから速やかに国へ働きかけるとした。人口減少対策は、現県政が掲げた指標「リンケージ人口」を「概念が理解できない」と指摘し、施策の指針となる人口ビジョンを見直す可能性を示唆。富士山登山鉄道の整備は「早急に国家プロジェクトとしての勉強会を設ける」と述べた。...