ホーム
最新
山梨
全国・海外
スポーツ
Eye
安心・安全情報
おくやみ・催し・人事
写真・動画
分かる・知る
ビジネス

役員室 拝見!
クリーニングすわん社長・志村豪紀さん

2018年12月25日 06時30分
家業がクリーニング店ということもあり「子どものころは洗濯したことがなかったので、寮生活では洗濯機の使い方がわからず、父に電話したこともあった」と学生時代を振り返る志村豪紀さん

家業がクリーニング店ということもあり「子どものころは洗濯したことがなかったので、寮生活では洗濯機の使い方がわからず、父に電話したこともあった」と学生時代を振り返る志村豪紀さん

ドライクリーニングは特殊な溶剤や石油系溶剤を用いて衣類を洗う。使った溶剤は、蒸気にして冷やし、再度液体に戻すことで毎回きれいな溶剤で洗うことができるという

ドライクリーニングは特殊な溶剤や石油系溶剤を用いて衣類を洗う。使った溶剤は、蒸気にして冷やし、再度液体に戻すことで毎回きれいな溶剤で洗うことができるという

シミ抜きの様子。上から液を吹きかけ、衣類の下から汚れと一緒に吸いとる。技術と経験により、シミの9割程度を取り除くことができるという

シミ抜きの様子。上から液を吹きかけ、衣類の下から汚れと一緒に吸いとる。技術と経験により、シミの9割程度を取り除くことができるという

デリケートな衣類に対して、ドラムを用いずに洗う特殊な専用機器。ノズルから洗濯液の射出と吸引を瞬時に行い、衣類を動かさずに洗うことで生地への負担を抑えることができる

デリケートな衣類に対して、ドラムを用いずに洗う特殊な専用機器。ノズルから洗濯液の射出と吸引を瞬時に行い、衣類を動かさずに洗うことで生地への負担を抑えることができる

洗濯されたワイシャツの仕上げ工程。(左上から時計回りに)脱水されぬれたままのワイシャツの襟元と袖口をプレッサーでアイロンがけする、ワイシャツの袖部分のしわをエアーで伸ばしながら整える、全体を整えて胴体部分を挟み込むようにプレスする、衣類は機械によってビニールが掛けられ仕上がる

洗濯されたワイシャツの仕上げ工程。(左上から時計回りに)脱水されぬれたままのワイシャツの襟元と袖口をプレッサーでアイロンがけする、ワイシャツの袖部分のしわをエアーで伸ばしながら整える、全体を整えて胴体部分を挟み込むようにプレスする、衣類は機械によってビニールが掛けられ仕上がる

クリーニングすわんの住吉本社・工場=いずれも甲府市住吉3丁目

クリーニングすわんの住吉本社・工場=いずれも甲府市住吉3丁目

■志村 豪紀(しむら・ごうき)さん 46歳
(株式会社クリーニングすわん代表取締役、甲府南高-山梨大学工学部卒)
 
【役員室について】
 甲府、甲斐、笛吹、山梨で13店舗を運営するクリーニングすわんの2代目社長、志村豪紀さん。甲府市住吉に本店と工場があり、13店舗で受け付けた衣類は1日3回の配送サイクルで工場に集め、洗濯・仕上げ加工され各店に戻ってくる。1日平均900~1000点の衣類を扱い、仕上げの質を追求する。役員室は設けていない。...