ホーム
最新
山梨
全国・海外
スポーツ
Eye
安心・安全情報
おくやみ・催し・人事
写真・動画
分かる・知る
ビジネス

サッカー熱感じる地

2018年12月12日 09時15分

カブエ(ザンビア)角田一幸

 私はザンビアでパソコンインストラクターとして活動しており、18~30歳の生徒200名を対象にICT(情報通信技術)の実技や理論を教えています。今回はザンビアのスポーツ事情について紹介します。
 ザンビアで最も人気のあるスポーツはサッカーです。ザンビアにもサッカーリーグがあり、トップリーグでは20チームが競い合っています。ザンビア男子代表チームは「チポロポロ(Chipolopolo)」(意味は「銅の弾丸」)、女子代表チームは「シポロポロ」(英語のsheを頭文字にしている)と呼ばれ、とても人気があります。
 去年の20歳以下ワールドカップで代表チームがドイツに勝った際は、町の中心街でたくさんの車がクラクションを鳴り響かせ、勝利を祝福していました。国外で活躍する選手もおり、国営新聞のスポーツ欄は毎日、国内外のサッカーに関する記事が掲載されており、テレビのある家やバー、レストランではヨーロッパのサッカー中継を見ることができます。
 カブエ県でも、地域ごとに子供や学生のサッカーチーム、社会人のチームが存在し、週末には、練習や学校対抗試合を行っている姿を見ることができます。サッカーシューズやユニホーム、ボールなどは輸入品のため、日本と変わらない価格で高価なので、多くの人が素足でデコボコのグラウンドを駆け巡り、ボロボロになったボールを蹴っていますが、その姿にアフリカのエネルギーを感じることができます。(青年海外協力隊員、35歳、笛吹市出身)