ホーム
最新
山梨
全国・海外
スポーツ
Eye
安心・安全情報
おくやみ・催し・人事
写真・動画
分かる・知る
ビジネス

役員室 拝見!
ベーカリー ルーブル店長 芦沢素征さん

2018年11月26日 06時30分
パン店を切り盛りする芦沢素征さんとルミさん夫妻

パン店を切り盛りする芦沢素征さんとルミさん夫妻

オリジナリティーあふれるパンが所狭しと並ぶ店内

オリジナリティーあふれるパンが所狭しと並ぶ店内

試作品のパンの出来栄えを確認する芦沢さん

試作品のパンの出来栄えを確認する芦沢さん

櫛形山をかたどった、山形のあんぱん「櫛形山あんぱん」は定番商品

櫛形山をかたどった、山形のあんぱん「櫛形山あんぱん」は定番商品

「パンと一緒に楽しんでほしい」と、県産ワインなども店頭で販売している

「パンと一緒に楽しんでほしい」と、県産ワインなども店頭で販売している

地元商店街の一角にたたずむベーカリー ルーブル=いずれも南アルプス市小笠原

地元商店街の一角にたたずむベーカリー ルーブル=いずれも南アルプス市小笠原

芦沢 素征(あしざわ・もとゆき)さん(44歳)
(ベーカリー ルーブル店長、巨摩高―関東学院大経済学部卒)

【プロフィル・経歴】
 生まれは東京都渋谷区。父の崇さんが1980年、同区で笹塚丸十製パンを経営していた祖父の幸男さん(山梨県出身、故人)から独立して現在地にパン店を構えた。山梨県は母の準子さんの出身地でもあり、店は母の実家に近い立地だった。当時、周辺にはコンビニやスーパーなどはなく、パン店は珍しかった。小学生の時に山梨県に転校、大学で再び県外に出た。4年生で家業を継ぐ決意をした。大学卒業後、東京製菓学校パン本科で1年学び、神奈川県内のパン店で1年間修業してUターンした。ルーブルの2代目として、10年ほど前からパン製造のすべてを任されている。ちなみに店名は、創業した崇さんがフランス研修の際、ルーブル美術館に感銘を受けたことにちなんでいる。...