ホーム
最新
山梨
全国・海外
スポーツ
Eye
安心・安全情報
おくやみ・催し・人事
写真・動画
分かる・知る
ビジネス

役員室 拝見!
山梨県医師会会長・今井立史さん

2018年10月29日 06時30分
「県民の健康長寿の進展のために、より開かれた医師会館にしたい」と話す今井立史会長。会長室はいたるところに木が使われ、木の温かみが伝わる造りとなっている

「県民の健康長寿の進展のために、より開かれた医師会館にしたい」と話す今井立史会長。会長室はいたるところに木が使われ、木の温かみが伝わる造りとなっている

室内の間口を10メートル確保し、大きな窓ガラスにしたことで富士山などの素晴らしい景観を一望できるようにした

室内の間口を10メートル確保し、大きな窓ガラスにしたことで富士山などの素晴らしい景観を一望できるようにした

山梨県立中央病院院長を務めた飯田文良さんの絵画作品が会長室に飾ってある

山梨県立中央病院院長を務めた飯田文良さんの絵画作品が会長室に飾ってある

理事会・防災対策室は会長室からも直接入れるようになっている。歴代会長16人の写真額が掲げられている。今井会長の提案で理事会に1人の女性枠を設けたこともあり、16人の理事のうち現在は女性理事が2人在籍している

理事会・防災対策室は会長室からも直接入れるようになっている。歴代会長16人の写真額が掲げられている。今井会長の提案で理事会に1人の女性枠を設けたこともあり、16人の理事のうち現在は女性理事が2人在籍している

朗らかな性格で、事務局の職員とも円滑にコミュニケーションが取れている。事務局の奥に会長室の入り口がある

朗らかな性格で、事務局の職員とも円滑にコミュニケーションが取れている。事務局の奥に会長室の入り口がある

3階にある会議室のスペースも広くとられている

3階にある会議室のスペースも広くとられている

傾斜した講堂はチャペルのような雰囲気。引き出し式の椅子も検討されたが、固定式の机が設置された

傾斜した講堂はチャペルのような雰囲気。引き出し式の椅子も検討されたが、固定式の机が設置された

講堂の椅子は回転式。疲れにくいようにひじ掛けの高さなど細部にこだわったという。着席していても後ろを通れるように、背もたれと机の間も確保されている

講堂の椅子は回転式。疲れにくいようにひじ掛けの高さなど細部にこだわったという。着席していても後ろを通れるように、背もたれと机の間も確保されている

1階では山梨県主任介護支援専門員の研修が開かれていた。新しい県医師会館になって会館全体が積極的に活用されている

1階では山梨県主任介護支援専門員の研修が開かれていた。新しい県医師会館になって会館全体が積極的に活用されている

日本医師会災害医療チーム(JMAT)活動準備室には緊急時の物資などが備蓄されている

日本医師会災害医療チーム(JMAT)活動準備室には緊急時の物資などが備蓄されている

JMAT活動準備室には災害時にも常駐できるようシャワールームなどが設けられている。救急車なども横づけできる構造になっている

JMAT活動準備室には災害時にも常駐できるようシャワールームなどが設けられている。救急車なども横づけできる構造になっている

入り口の壁面は鮮やかなステンドグラスが配してあり、エントランスホールは3階まで吹き抜けとなっている

入り口の壁面は鮮やかなステンドグラスが配してあり、エントランスホールは3階まで吹き抜けとなっている

山梨県医師会館。建物の奥に約90台分の駐車場なども確保されている=甲府市徳行5丁目

山梨県医師会館。建物の奥に約90台分の駐車場なども確保されている=甲府市徳行5丁目

■今井 立史(いまい・りっし)さん 78歳
(一般社団法人山梨県医師会会長。山城小-旧山城中―甲府第一高-順天堂大学医学部卒-順天堂大学大学院修了)

【新しい山梨県医師会館について】
 甲府市丸の内2丁目にあった山梨県医師会館(1971年建設)が老朽化したのに伴い2018年5月、甲斐市富竹新田にまたがる甲府市徳行5丁目に移転した。敷地面積は約4156平方メートル。新会館は鉄筋コンクリート3階建てで、延べ床面積は約2457平方メートル。在宅医療や介護の需要が増加するのを見越して、新たに介護支援専門員が常駐する在宅医療総合支援センターを設置。日本医師会災害医療チーム(JMAT)の活動準備室や講堂も設けている。市中心部にあったときは駐車スペース不足が悩みだったが、新医師会館は駐車場約90台分を確保した。...