ホーム
最新
山梨
全国・海外
スポーツ
Eye
安心・安全情報
おくやみ・催し・人事
写真・動画
分かる・知る
ビジネス

県内、きょうも大雨の恐れ

2018年08月14日 06時20分

 14日の山梨県内は午後から大気の状態が非常に不安定となり、雷を伴って非常に激しい雨の降る所がある見込み。甲府地方気象台は同日午前5時56分、大雨と雷及び突風に関する気象情報を出して土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒・注意を呼びかけている。
 同地方気象台によると、関東甲信地方は高気圧に覆われている。県内は、太平洋高気圧の縁をまわる暖かく湿った空気が流れ込み、日中の気温の上昇も加わって、午後は大気の状態が非常に不安定になる見込み。
 県内では、14日昼過ぎから夜遅くにかけて、1時間に50ミリの非常に激しい雨の降る所がある見込み。15日午前6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で100ミリ。
 気象台は土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒・注意するとともに、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要としている。