ホーム
最新
山梨
全国・海外
スポーツ
Eye
安心・安全情報
おくやみ・催し・人事
写真・動画
分かる・知る
ビジネス

朝鮮通信使から外交の在り方探る

2018年07月21日 11時05分
朝鮮通信使の歩みを説明する仲尾宏さん=北杜・清泉寮

朝鮮通信使の歩みを説明する仲尾宏さん=北杜・清泉寮

 4月の韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長による南北会談に続き、6月12日にはトランプ米大統領と金委員長による初の米朝首脳会談が開かれ、朝鮮半島情勢は目まぐるしく変化している。日本と朝鮮半島を巡っては、戦争や支配という大きな歴史があるが、江戸時代は活発な交流があり、その外交記録「朝鮮通信使に関する記録」は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「世界の記憶」(世界記憶遺産)に登録された。登録に際し、日本側の学術委員会委員長として携わった京都造形芸術大客員教授の仲尾宏さんがこのほど、北杜市で開かれた清里銀河塾で講演し、朝鮮通信使から探る現代の外交の在り方を説いた。...