ホーム
最新
山梨
全国・海外
スポーツ
Eye
安心・安全情報
おくやみ・催し・人事
写真・動画
分かる・知る
ビジネス

迫る山「山梨も警戒を」西日本豪雨県警援助隊員が語る

2018年07月13日 05時00分
住宅の屋根部分まで積み重なった土砂を取り除き、行方不明者を捜索する山梨県警広域緊急援助隊隊員=広島県坂町(山梨県警提供)

住宅の屋根部分まで積み重なった土砂を取り除き、行方不明者を捜索する山梨県警広域緊急援助隊隊員=広島県坂町(山梨県警提供)

報道陣の取材に応じる星野正明警部補。「災害はいつ起きるか分からない。迅速に対応を取ることが重要」と強調した=甲府・県警本部

報道陣の取材に応じる星野正明警部補。「災害はいつ起きるか分からない。迅速に対応を取ることが重要」と強調した=甲府・県警本部

 西日本豪雨の被災地で安否不明者の捜索に当たってきた山梨県警の広域緊急援助隊が帰県し、隊員が12日、活動内容を報告した。14府県で死者が200人を超えた平成最悪の水害。東日本大震災の被災地で救助に当たった隊員も言葉を失う惨状が目の前に広がっていた。住宅地に迫る山から土砂が流れ出し、家屋が埋まっていた。隊員の一人は「山梨もいつ同じような災害が起きるか分からない。素早く情報を把握し、迅速に対応することが大事だ」と語った。...