ホーム
最新
山梨
全国・海外
スポーツ
Eye
安心・安全情報
おくやみ・催し・人事
写真・動画
分かる・知る
ビジネス

「オリーブの会」認知症介護支え合い30年

2018年06月20日 05時00分
機関紙や記念誌を読みながら30年を振り返る平井出設子さん(左)と財前美知子さん=甲府市内

機関紙や記念誌を読みながら30年を振り返る平井出設子さん(左)と財前美知子さん=甲府市内

認知症の人と家族でつくる「オリーブの会」が設立から30年を迎えた。介護の悩みを共有し、支え合おうと、交流会の開催や機関紙の発行、電話相談を柱に活動。近年は調理や食事を楽しむ「カフェ」も開いている。支えられた介護の当事者が家族をみとった後、経験者として支える側に回って会は続いてきた。会長の財前美知子さん(68)は「30年の歳月に重みを感じる。時代に合わせて活動を工夫しながら、次の世代にも引き継ぎたい」と話している。...