ホーム
最新
山梨
全国・海外
スポーツ
Eye
安心・安全情報
おくやみ・催し・人事
写真・動画
分かる・知る
ビジネス

山梨QB、今季を展望

2018年05月24日 11時05分
山梨QBの選手。前列左から3人目が岡萌乃主将で、前列右端から後藤優、木本佳那、瀬山楓の新加入選手=甲斐市内

山梨QBの選手。前列左から3人目が岡萌乃主将で、前列右端から後藤優、木本佳那、瀬山楓の新加入選手=甲斐市内

4月9日、山梨QB今季初練習に参加した木本佳那(左から4人目)と瀬山楓(同5人目)。4月はチューブを使ったトレーニングなど体づくりが主で、木本は「こんなにハードに動いたのは久しぶりで、動きを細かく確認しながらの練習は楽しかった」と感想。瀬山は「トップリーグの選手に勝つためには、きついけれども体づくりが必要だということを実感しながらの練習となった」と話した=甲斐市内

4月9日、山梨QB今季初練習に参加した木本佳那(左から4人目)と瀬山楓(同5人目)。4月はチューブを使ったトレーニングなど体づくりが主で、木本は「こんなにハードに動いたのは久しぶりで、動きを細かく確認しながらの練習は楽しかった」と感想。瀬山は「トップリーグの選手に勝つためには、きついけれども体づくりが必要だということを実感しながらの練習となった」と話した=甲斐市内

 バスケットボール女子Wリーグの山梨クィーンビーズ(山梨QB)にとって、今年は大きな転換点を迎える。チームのエース・藤井美紀、昨季主将の飯島早紀の主力2選手の移籍に加え、チーム1の長身184センチを誇ったセンター閆璐(エン・ルー)が退団した。初めて女子日本代表に選ばれた横井美沙や新主将の岡萌乃、新加入の大卒選手3人、他チームから移籍した渡辺まりい(元シャンソン)、大浜杏華(元新潟)らを生かしつつ、どのような戦術で強豪に挑んでいくのか。新体制発表会でのやり取りなどを踏まえ、今後の戦力補強や2018年シーズンを展望する。...