ホーム
最新
山梨
全国・海外
スポーツ
Eye
安心・安全情報
おくやみ・催し・人事
写真・動画
分かる・知る
ビジネス

綿素材に発熱・保温性 バナジウム使い新染色法

2018年05月22日 05時00分
バナジウムを入れた染色液で染めた服(左)と、未処理の服に光を照射して10分後の表面温度を比較した画像。左の方がより高い温度になっている。(山梨県産業技術センター提供)

バナジウムを入れた染色液で染めた服(左)と、未処理の服に光を照射して10分後の表面温度を比較した画像。左の方がより高い温度になっている。(山梨県産業技術センター提供)

山梨県産業技術センターは、染色液に金属の一種バナジウムを混ぜて生地を染める方法で、綿など天然素材の生地に発熱性と保温性を持たせることに成功した。ポリエステルを使った化学繊維は素材に炭化物の一種を練り込んで発熱機能などを持たせられるが、天然素材は同じ加工ができなかった。皮膚への刺激はなく、洗濯しても効果が持続することを確認していて、ウォームビズ用の服や登山服などへの使用が期待される。...