ホーム
最新
山梨
全国・海外
スポーツ
Eye
安心・安全情報
おくやみ・催し・人事
写真・動画
分かる・知る
ビジネス

原発事故が奪った古里山梨と重ね歌う

2018年04月17日 05時00分
撮影に参加した(左から)金子飛鳥、ナターシャ・グジー、井上鑑

撮影に参加した(左から)金子飛鳥、ナターシャ・グジー、井上鑑

ナターシャ・グジーのMVの撮影の様子

ナターシャ・グジーのMVの撮影の様子

MVの撮影に臨むナターシャ・グジー=いずれも笛吹市御坂町竹居

MVの撮影に臨むナターシャ・グジー=いずれも笛吹市御坂町竹居

 異国の「原風景」を歌に乗せて-。チェルノブイリ原発事故で古里の景色を奪われたウクライナ出身の歌手ナターシャ・グジー(38)は、風景をテーマにした企画に取り組んでいる。今月、菜の花が咲く笛吹市の桃畑でミュージックビデオ(MV)を撮影し、蜂や鳥と“共演”。「山梨の景色は事故後に身を寄せた祖父母の街と似ていて、懐かしさを感じる。私の声で素晴らしさを伝えたい」と話した。...