ホーム
最新
山梨
全国・海外
スポーツ
Eye
安心・安全情報
おくやみ・催し・人事
写真・動画
分かる・知る
ビジネス

山梨舞台のアニメ「ゆるキャン△」官民で盛り上げ!

2018年02月13日 11時05分
アニメ「ゆるキャン△」のモデルとなった地域を紹介している特集ページ©あfろ・芳文社/野外活動サークル

アニメ「ゆるキャン△」のモデルとなった地域を紹介している特集ページ©あfろ・芳文社/野外活動サークル

アニメ「ゆるキャン△」のモデルとなった地域を紹介している特集ページ©あfろ・芳文社/野外活動サークル

アニメ「ゆるキャン△」のモデルとなった地域を紹介している特集ページ©あfろ・芳文社/野外活動サークル

アニメ「ゆるキャン△」のイラストをパッケージにデザインしたほうとう商品©あfろ・芳文社/野外活動サークル

アニメ「ゆるキャン△」のイラストをパッケージにデザインしたほうとう商品©あfろ・芳文社/野外活動サークル

アニメ「ゆるキャン△」のイラストをデザインしたポーチ©あfろ・芳文社/野外活動サークル

アニメ「ゆるキャン△」のイラストをデザインしたポーチ©あfろ・芳文社/野外活動サークル

 山梨を舞台にしたアニメ「ゆるキャン△」のテレビ放送スタートに合わせ、山梨県内でアニメを観光振興につなげようと官民が取り組んでいる。全国的に人気アニメの舞台となった地域では観光客が増え、ゆかりの地を観光資源として活用する動きも拡大。「ゆるキャン△」では、本栖湖畔など県内各地のスポットをモチーフにした場面が数多く登場していることもあり、観光客を呼び込むきっかけになればと、地元では期待が高まっている。〈青柳秀弥〉

 「ゆるキャン△」は、山梨で暮らす女子高生たちの日常生活やアウトドア活動の様子を描いた漫画が原作。山梨を中心に静岡、長野にも出向き、キャンプのノウハウを学べたり、自然の美しさが話題となったりして、ファン層が拡大している。

△モデル地をネットで紹介

 やまなし観光推進機構では、「ゆるキャン△」を通じた観光振興を図ろうと、観光サイト「富士の国やまなし観光ネット」内に、特集ページを開設。ストーリーなどの概要と合わせ、県内のモデル地を紹介している。アニメ公式イラストと同じアングルで、南部町内船のJR身延線内船駅ホームや、山梨市江曽原の笛吹川フルーツ公園などの写真を掲載している。

 同機構は「山梨にはアニメの“聖地”とされる場所がほとんどない。『ゆるキャン△』を通じてファンを呼び込み、観光振興を図りたい」としている。

 民間では、印章関連品製造の谷川商事(市川三郷町岩間)が、「ゆるキャン△」のイラストなどを使ったほうとうやポーチ、印鑑ケースなどを商品化。アニメのモデル地となった本栖湖畔の「浩庵キャンプ場」の売店で販売するほか、ファンをターゲットに、県内のアニメゆかりの地で取扱店舗を増やしていく考えだ。

△「君の名は。」「ガルパン」に続け

 全国では、人気アニメゆかりの場所の観光客が増加。大ヒットアニメ映画「君の名は。」のモデルとされる東京都内や岐阜県飛騨市、人気アニメ「ガールズ&パンツァー(ガルパン)」の舞台の茨城県大洗町などは、アニメが全国から多くのファンが訪れるきっかけになった。

 またアニメや漫画は、外国人から「クールジャパン」と呼ばれ、若者を中心に人気が拡大。日本に来てコスプレを楽しむ人も多く、外国人観光客の増加に向けてもアニメは注目が集まっている。「ゆるキャン△」は、山梨にどんな効果をもたらすだろうか。