ホーム
最新
山梨
全国・海外
スポーツ
Eye
安心・安全情報
おくやみ・催し・人事
写真・動画
分かる・知る
山梨日日新聞社インフォメーションサイト

網膜剥離 原因と治療法は?
加齢で硝子体に変化 裂孔段階での治療が鍵

2018年1月4日
おおしろ・ともひろさん 2000年山梨医大(現山梨大医学部)卒。同大眼科入局。諏訪赤十字病院、市立甲府病院などを経て11年から同大付属病院。17年から同大医学工学総合研究部眼科学講師。日本眼科学会専門医。浜松市出身。

おおしろ・ともひろさん 2000年山梨医大(現山梨大医学部)卒。同大眼科入局。諏訪赤十字病院、市立甲府病院などを経て11年から同大付属病院。17年から同大医学工学総合研究部眼科学講師。日本眼科学会専門医。浜松市出身。

 30代女性。40代の知人が網膜剥離になりました。ボクサーらが目に強い衝撃を受けてなる病気と思っていましたが、外傷がなくてもなるのでしょうか。原因や治療法を教えてください。

 【回答者】山梨大付属病院眼科 大城智洋医師

 -網膜剥離とは。
 網膜は目の奥にある薄い神経の膜で、光を電気信号に変えて脳に送る重要な役割を担っています。網膜剥離はその網膜が剥がれる病気です。最も多いのは裂孔原性網膜剥離で、網膜に穴が開いて、そこから網膜の裏側に目の中の水分が入り込むことで、網膜が剥がれてしまいます。

 -網膜に穴が開く原因は。
 実は...