ホーム
最新
山梨
全国・海外
スポーツ
Eye
安心・安全情報
おくやみ・催し・人事
写真・動画
分かる・知る
山梨日日新聞社インフォメーションサイト

役員室 拝見!
鈴木製菓社長・鈴木浩文さん

2017年3月13日 6時30分
「人は最終的には好きな人の言葉を聞く。社員や地域の人から、好きな人と思われるような人間でありたいですね」と話す鈴木浩文社長

「人は最終的には好きな人の言葉を聞く。社員や地域の人から、好きな人と思われるような人間でありたいですね」と話す鈴木浩文社長

「社員を叱ることはない。自分が社長である以上、すべての責任は自分にある。社員が失敗したとしても、それは日頃の自分の指導が足りないということ」が持論

「社員を叱ることはない。自分が社長である以上、すべての責任は自分にある。社員が失敗したとしても、それは日頃の自分の指導が足りないということ」が持論

県外出張の際に身につける、県産品のネクタイ、タイピン、甲州印伝の名刺入れ

県外出張の際に身につける、県産品のネクタイ、タイピン、甲州印伝の名刺入れ

栗しぐれの焼き工程。奥のオーブンから次々に流れてくる。焼きあがり直後は表面がカリッとした食感で、どこか懐かしい味わい。一日におよそ30万個を製造する

栗しぐれの焼き工程。奥のオーブンから次々に流れてくる。焼きあがり直後は表面がカリッとした食感で、どこか懐かしい味わい。一日におよそ30万個を製造する

個々に包装する工程。個装することで、家族や大人数でも楽しめる点が人気の理由

個々に包装する工程。個装することで、家族や大人数でも楽しめる点が人気の理由

2008年の第25回全国菓子大博覧会で名誉総裁賞を受賞した「栗しぐれ」(中央)。このほか京桃山(左)、自社炊き小豆のどら焼き(右)が主力商品

2008年の第25回全国菓子大博覧会で名誉総裁賞を受賞した「栗しぐれ」(中央)。このほか京桃山(左)、自社炊き小豆のどら焼き(右)が主力商品

開業地である甲府市湯田から1984年に山梨県食品工業団地に移転した鈴木製菓本社・工場=いずれも甲府市下曽根町

開業地である甲府市湯田から1984年に山梨県食品工業団地に移転した鈴木製菓本社・工場=いずれも甲府市下曽根町

■鈴木 浩文(すずき・ひろふみ)さん 49歳
(鈴木製菓株式会社代表取締役社長、甲府第一高-山梨大工学部卒)...