ホーム
最新
山梨
全国・海外
スポーツ
Eye
安心・安全情報
おくやみ・催し・人事
写真・動画
分かる・知る
山梨日日新聞社インフォメーションサイト

子宮頸がんの最新治療 腹腔鏡手術とは
出血量少なく早期に回復 先進医療で広がる選択肢

2017年2月16日
坂本育子(さかもと・いくこ)さん 2002年筑波大医学専門学群卒。名古屋掖済会病院、国立病院機構名古屋医療センターを経て、05年から県立中央病院。16年4月から同病院産婦人科副部長。日本産科婦人科学会専門医、がん治療認定医、日本婦人科腫瘍学会専門医・代議員。甲府市出身

坂本育子(さかもと・いくこ)さん 2002年筑波大医学専門学群卒。名古屋掖済会病院、国立病院機構名古屋医療センターを経て、05年から県立中央病院。16年4月から同病院産婦人科副部長。日本産科婦人科学会専門医、がん治療認定医、日本婦人科腫瘍学会専門医・代議員。甲府市出身

 20代女性。子宮頸がんの治療で、先進医療の腹腔鏡手術が県内でも行われていると聞きました。どんな手術ですか。

 回答者 山梨県立中央病院 産婦人科 坂本育子医師

 -子宮頸がんの腹腔鏡手術とは。
 大腸や胃、肺、前立腺などのがんに対する腹腔鏡手術は国内でも保険適用になっていますが、...