ホーム
最新
山梨
全国・海外
スポーツ
Eye
安心・安全情報
おくやみ・催し・人事
写真・動画
分かる・知る
山梨日日新聞社インフォメーションサイト

「変形性肩関節症」と診断 有効な治療法は?
人工関節置換の新手術 深刻な腱板断裂に対応

2016年12月15日
ふじまき・けいたさん 1999年山梨医科大(現山梨大医学部)卒。同大整形外科に入局。同大を経て2009年から市立甲府病院山梨スポーツ・関節鏡センター長。日本整形外科学会専門医、同学会スポーツ医、同学会リウマチ医、日本体育協会公認スポーツドクター、サッカーJ1アルビレックス新潟チームドクター。東京都出身。

ふじまき・けいたさん 1999年山梨医科大(現山梨大医学部)卒。同大整形外科に入局。同大を経て2009年から市立甲府病院山梨スポーツ・関節鏡センター長。日本整形外科学会専門医、同学会スポーツ医、同学会リウマチ医、日本体育協会公認スポーツドクター、サッカーJ1アルビレックス新潟チームドクター。東京都出身。

リバース型人工肩関節置換術後のエックス線画像。肩甲骨側にボール、上腕骨側にカップが設置されているのが分かる

リバース型人工肩関節置換術後のエックス線画像。肩甲骨側にボール、上腕骨側にカップが設置されているのが分かる

肩関節の構造

肩関節の構造

 70代男性。半年ほど前から右肩が痛く、肩から上に腕が上がりません。「変形性肩関節症」と診断されましたが、腱板が損傷しているため、人工肩関節を入れても腕が上がるようにはならないそうです。痛みが強く、日常生活にも支障が出てきました。何かほかに治療方法はありませんか。

【回答者】市立甲府病院 整形外科 藤巻圭太医師

 -変形性肩関節症とは。
 肩関節を形成する肩甲骨と上腕骨の表面は...