ホーム
最新
山梨
全国・海外
スポーツ
Eye
安心・安全情報
おくやみ・催し・人事
写真・動画
分かる・知る
山梨日日新聞社インフォメーションサイト

食道アカラシア 最新治療は
内視鏡使い筋肉切開 傷残らず負担小さく

2016年11月17日
小林 祥司(こばやし・しょうじ)さん 2005年山梨医科大(現山梨大医学部)卒。市立甲府病院、山梨病院などを経て、14年から山梨大医学部第1内科助教。日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本消化管学会専門医。南アルプス市出身。

小林 祥司(こばやし・しょうじ)さん 2005年山梨医科大(現山梨大医学部)卒。市立甲府病院、山梨病院などを経て、14年から山梨大医学部第1内科助教。日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本消化管学会専門医。南アルプス市出身。

 10年ほど前に食道アカラシアと診断され、バルーン拡張術を受けました。完治はしていませんがその後、病院にはかかっていません。今でもたまに胸痛に襲われます。新しい治療法や胸痛対策はありますか。
...