ホーム
最新
山梨
全国・海外
スポーツ
Eye
安心・安全情報
おくやみ・催し・人事
写真・動画
分かる・知る
山梨日日新聞社インフォメーションサイト

口腔乾燥症で痛み 何か解決策は?
水分補給や保湿剤使用 抗真菌薬治療で改善も

2016年10月6日
よしざわ・くにおさん 2002年九州歯科大卒。金沢大医学部歯科口腔外科に入局。14年から山梨大大学院歯科口腔外科講師。日本口腔外科学会専門医・指導医。日本がん治療認定医(歯科口腔外科)。富山県出身。

よしざわ・くにおさん 2002年九州歯科大卒。金沢大医学部歯科口腔外科に入局。14年から山梨大大学院歯科口腔外科講師。日本口腔外科学会専門医・指導医。日本がん治療認定医(歯科口腔外科)。富山県出身。

重度の口腔乾燥症の患者。カンジダ菌が繁殖し舌炎もみられる

重度の口腔乾燥症の患者。カンジダ菌が繁殖し舌炎もみられる

 70代女性。唾液の分泌が少なく、口の中や舌、唇が乾いた状態で、医師から口腔乾燥症と診断されました。口が1センチしか開かない上に口内炎も治らず、この2年間、ずっと痛みを我慢しています。何か解決策はないでしょうか。

【回答者】山梨大病院歯科口腔外科 吉沢邦夫医師

 -口腔乾燥症とは。
 ドライマウスともいわれ、唾液を作る「唾液腺」の機能に異常が発生し、唾液の分泌量の減少によって口の中が乾いた状態をいいます。唾液分泌量が少ないだけでなく、分泌量が正常または多くても「口が渇く」という悩みを持っている方も含まれます。つまり広い意味では、唾液分泌の低下と口腔乾燥感によって診断されます。

 -口の中が乾燥するとどうなるのでしょうか。...