ホーム
最新
山梨
全国・海外
スポーツ
Eye
安心・安全情報
おくやみ・催し・人事
写真・動画
分かる・知る
山梨日日新聞社インフォメーションサイト

溶連菌感染症 どんな病気?
喉に感染し発熱や痛み 腎炎など合併症に注意

2016年3月17日
こばやし・あんなさん 2002年東京女子医科大卒、同年、山梨医科大(現山梨大)小児科入局、同大付属病院、山梨厚生病院、県立中央病院新生児科勤務などを経て、2015年から現職。日本小児科学会専門医、日本小児腎臓病学会員、日本小児感染症学会員、笛吹市出身。

こばやし・あんなさん 2002年東京女子医科大卒、同年、山梨医科大(現山梨大)小児科入局、同大付属病院、山梨厚生病院、県立中央病院新生児科勤務などを経て、2015年から現職。日本小児科学会専門医、日本小児腎臓病学会員、日本小児感染症学会員、笛吹市出身。

 幼稚園に通う5歳の娘が熱を出してしまいました。喉の痛みを訴え、舌がブツブツとしています。せきや鼻水はあまり出ません。もしかして溶連菌感染症でしょうか?

【回答者】塩山市民病院小児科 小林杏奈医師

 -溶連菌感染症はどのような病気でしょうか?
 溶連菌は細菌の一種です。主に喉に感染し、急性咽頭炎や扁桃炎となり、喉の痛み、発熱などの症状が現れます。舌の表面がブツブツとする「イチゴ舌」や赤くて細かい発疹が体に出ることもあります。肺炎、中耳炎、皮膚への感染によるとびひなどの原因にもなります。溶連菌感染症はどの年齢でも発症しますが、幼児~小学生に多くみられます。

 -感染の経路を教えてください。
 発症した人の...