ホーム
最新
山梨
全国・海外
スポーツ
Eye
安心・安全情報
おくやみ・催し・人事
写真・動画
分かる・知る
山梨日日新聞社インフォメーションサイト

真性多血症 症状や治療法は?
血栓症 高確率で合併 瀉血や薬での予防重要

2015年12月17日
きりと・けいたさん 1988年自治医科大卒。米国留学などを経て、2005年1月から山梨大医学部血液内科准教授、10年1月から同血液・腫瘍内科教授。日本内科学会認定内科医・指導医。日本血液学会認定血液専門医・指導医。身延町出身。

きりと・けいたさん 1988年自治医科大卒。米国留学などを経て、2005年1月から山梨大医学部血液内科准教授、10年1月から同血液・腫瘍内科教授。日本内科学会認定内科医・指導医。日本血液学会認定血液専門医・指導医。身延町出身。

 50代男性。血液検査をきっかけに、真性多血症であることが分かりました。「血液のがん」であると聞き、不安です。病気の進行や治療について教えてください。

 回答者 山梨大付属病院 血液・腫瘍内科教授 桐戸敬太医師

 -真性多血症はどんな病気ですか?
 血液のもととなる造血幹細胞内の遺伝子「JAK2(ジャックツー)」に異常が生じ...