ホーム
最新
山梨
全国・海外
スポーツ
Eye
安心・安全情報
おくやみ・催し・人事
写真・動画
分かる・知る
山梨日日新聞社インフォメーションサイト

<4>まだ見ぬ相手に声かけ

2015年5月23日
「でてこうし」で語り合う参加者。鈴木美枝さん(右)は「出て行ける場所を用意して、情報を届け続けることが大切」と話す=市川三郷町

「でてこうし」で語り合う参加者。鈴木美枝さん(右)は「出て行ける場所を用意して、情報を届け続けることが大切」と話す=市川三郷町

 「昔、ひきこもっていたことがあるんです」。1年前、帽子を目深にかぶった60代の男性が切り出すと、車座になった人たちが柔らかい視線を向けた。市川三郷町三珠健康管理センターで毎週金曜日に開かれている、ひきこもりや精神疾患で悩む人が集う「心の拠り所サロン でてこうし」。町民のボランティアが運営していて、関心のある人なら誰でも参加できる。
 男性は周りの人の顔を見たり、うつむいたりしながら続けた。「ひきこもりという言葉が、まだない時代のことです」。聞き手は話を遮らず、ただうなずいている。「家族からの期待が大きくて、葛藤があったのかもしれません」。とつとつと語る男性。...