ホーム
最新
山梨
全国・海外
スポーツ
Eye
安心・安全情報
おくやみ・催し・人事
写真・動画
分かる・知る
山梨日日新聞社インフォメーションサイト

<3>「10」からはじめる歩み

2015年5月22日
富士河口湖町が民生委員の報告を基にまとめた、ひきこもり当事者の調査結果。松浦信幸福祉推進課長は「10人という数は最少」と考えている

富士河口湖町が民生委員の報告を基にまとめた、ひきこもり当事者の調査結果。松浦信幸福祉推進課長は「10人という数は最少」と考えている

 「10」。富士河口湖町福祉推進課の松浦信幸課長(55)は、パソコンの画面を見ながら数字を打ち込んだ。町内にいると考えられるひきこもりの当事者の数だ。これまで見えなかった当事者の存在が、初めて数字として明らかになった。
 当事者数の把握は、地域住民の「相談役」と言える民生委員を通じて行った。2月、約60人の委員を前に「皆さんの担当する地区で、ひきこもりと思われる人がいれば数を教えてください」と呼び掛けた。簡易な現状把握にすぎなかったが、松浦課長は「貴重な数字。ここから始まる」と受け止めた。...