ホーム
最新
山梨
全国・海外
スポーツ
Eye
安心・安全情報
おくやみ・催し・人事
写真・動画
分かる・知る
ビジネス

共感、苦言…多様な声

2014年10月25日
取材班に寄せられた手紙

取材班に寄せられた手紙

 ひきこもりについて考える企画「扉の向こうへ」。8月のスタート後、取材班には読者の皆さんから手紙やファクス、メール、電話などさまざまな方法で多くの感想が寄せられています。「とても苦しい日々でした」と振り返るひきこもりの経験者。「悩みを打ち明けられる場所もなく、散々走り回った」という父親。「甘えではないか」「努力が足りない」との指摘もあり、ひきこもりに多様な視線が向けられていることが浮き彫りになりました。...