ホーム
最新
山梨
全国・海外
スポーツ
Eye
安心・安全情報
おくやみ・催し・人事
写真・動画
分かる・知る
ビジネス

知事選へ動く〈4〉出馬に意欲示す新人

2018年04月27日 05時00分
集会後に支援者と握手する米長晴信元参院議員(右)。壇上では後藤斎知事の県政運営を批判した=昭和町内(3月4日)

集会後に支援者と握手する米長晴信元参院議員(右)。壇上では後藤斎知事の県政運営を批判した=昭和町内(3月4日)

 「2020年の東京五輪に向けた対策が進んでいるとは思えない」「情報の発信力がまだまだ足りない」。3月上旬、元参院議員の米長晴信氏は昭和町で開いた支援者集会で、後藤斎知事の県政運営を痛烈に批判した。自分の政策を説明すると、「全県を歩いて皆さんと勉強させていただく」と結んだ。
 政界復帰を期す米長氏は、来年の知事選を「最も有力な選択肢」と明言してはばからない。集会後は「知事選への意欲を示すことで、出馬環境を作ろうとしている」(複数の県議)との受け止めが広がった。参院議員時代からの支援者は「格好のアピールの場になった」と話す。...