ホーム
最新
山梨
全国・海外
スポーツ
Eye
安心・安全情報
おくやみ・催し・人事
写真・動画
分かる・知る
ビジネス

ヒノキ花粉飛散量10倍 気温上昇で急増

2018年04月05日 05時00分
売り上げが昨年の倍以上となっている「クスリのサンロード後屋店」の花粉症対策コーナー=甲府市後屋町

売り上げが昨年の倍以上となっている「クスリのサンロード後屋店」の花粉症対策コーナー=甲府市後屋町

 山梨県内でヒノキ花粉の飛散量が急増している。3月下旬からの急激な気温上昇が要因とみられ、飛び始めからの花粉量は2日現在、累積で過去10年間の平均値の10倍。1日当たりの飛散量が45倍に上った日もあり、今年初めて症状が出た人も。ドラッグストアでは対策商品の売り上げが伸びている。ヒノキ花粉の飛散は5月上旬まで続く見通しで、専門家が注意を呼び掛けている。...