ホーム
最新
山梨
全国・海外
スポーツ
安心・安全情報
おくやみ・催し・人事
写真・動画
分かる・知る
ビジネス

大月駅伝、70チームが健脚競う

2018年01月14日 17時50分
一斉にスタートする選手=大月市役所前

一斉にスタートする選手=大月市役所前

 第54回大月市駅伝競走大会(市・市教委・市体協・山梨日日新聞社・山梨放送主催、市陸協主管、市スポーツ推進委員協議会など後援)が14日、市内で開かれた。
 市役所前をスタートし、大月東中までの7区間26・8キロ(女子、市内体育会は5区間18・8キロ)のコースで、5部門に計70チームが出場。50チームが競った一般男子は、山梨学院大陸上競技部員でつくる「猿さん ジェルマン」が1時間16分37秒で優勝した。一般女子は富士北稜高が1時間24分50秒で制した。
 中学生の部は、男子は櫛形中が2年ぶりにトップとなり、女子は地元の大月東中Aが優勝した。市内体育会の部は、大月体育会が大会新記録となる1時間2分4秒の好タイムを樹立し王座をつかんだ。〈長田哲也、清水一士〉