ホーム
最新
山梨
全国・海外
スポーツ
安心・安全情報
おくやみ・催し・人事
写真・動画
分かる・知る
ビジネス

熱さ「修造レベル」! 北杜市のアスリート栗原正明さんが2018カレンダー

2018年01月02日 11時05分
「エース栗原2018カレンダー」の完成を喜ぶ栗原正明さん=北杜市内

「エース栗原2018カレンダー」の完成を喜ぶ栗原正明さん=北杜市内

各月にはレースの写真とともに、熱いメッセージを掲載。製作に協賛したスポンサー名も記入した

各月にはレースの写真とともに、熱いメッセージを掲載。製作に協賛したスポンサー名も記入した

納得の仕上がりに顔もほころぶ=北杜市内

納得の仕上がりに顔もほころぶ=北杜市内

 北杜市須玉町若神子の「地域密着型プロアスリート」栗原正明さん(30)お手製の2018年卓上カレンダーが「熱い!」と地域の人らの間で人気を集めている。月ごとに、国内外のトライアスロンレースなどで懸命に走る自身の写真とともに、座右の銘「明日やろうは、バカ野郎だ!」など、発奮を促すメッセージを掲載。元プロテニスプレーヤー松岡修造さんの「修造カレンダー」にも勝るとも劣らない熱さがあると評判だ。〈斉藤裕介〉

 栗原さんは東京都出身。2012年、単身で山梨に移住した。地元企業や個人とスポンサー契約を結び、国内外の大会に出場している。前向きかつ明るい人柄を買われ、10月に甲府で開かれた「山梨らーめんグランプリ」のラーメン大使に任命されるなど、活躍の幅を広げている。そんな彼が作ったのが、「エース栗原2018カレンダー」。ユニホームと同じ色の蛍光イエローのデザインがまぶしい。

 「明日やろうは…」と書かれた表紙をめくると、1月のページ。昨年8月のデュアスロン世界選手権(開催地・カナダ)のスタートラインに立つ自分の写真とともに、「ススタートがあるから頑張れる。ゴールがあるから頑張れる。」と言葉を添えた。11月の写真は世界最長のトライアスロンレース「アイアンマンワールドチャンピオンシップ」(昨年10月、開催地・ハワイ)での一枚。この月のメッセージは「負けたら終わりじゃない。やめたら終わりなんだ」。このメッセージに込めた思いについて「継続することの大切さを伝えたかった」と栗原さん。ほかの月にあるメッセージも見る人を元気づけるものばかりだ。

 「エース栗原カレンダー」はにわか仕込みの商品ではない。4年前、知人に自分のカレンダーを贈ったところ、「元気をもらえた」と喜ばれた。これを機に毎年作るようになり、今回は400冊を用意した。制作費はスポンサー収入で賄った。無尽会や忘年会に持ち込んでは、地域の人たちに購入を促している。

 人気の秘訣(ひけつ)となっている前向きなメッセージ。過酷なレースと向き合い、乗り越えてきたがゆえに言葉に説得力があると好評だ。栗原さんは「仕事で悩んだり、気持ちが下向きになったりした時に僕のカレンダーを見てもらえれば元気になれる。デスクでもトイレでもどこでもいいから飾ってほしい」と話している。

 栗原さんのカレンダーはインターネットショップ「エース栗原グッズショップ」で販売している。価格は1200円(税込み)。問い合わせは栗原さん、電話080(9895)9898。