ホーム
最新
山梨
全国・海外
スポーツ
安心・安全情報
おくやみ・催し・人事
写真・動画
分かる・知る
ビジネス

「防犯の目」高齢化の波

2017年12月07日 05時00分
200人以上の児童が利用する交差点で登校を見守る田草川祥語さん=甲府市小瀬町

200人以上の児童が利用する交差点で登校を見守る田草川祥語さん=甲府市小瀬町

 山梨県内で住民が事故や犯罪の防止活動などを行う「自主防犯団体」の参加者が減少傾向にある。防犯意識の高まりでピーク時の2008年は3万3千人余りに上ったが、8年余りで3割近く減少。設立当初からの参加者が、高齢による健康面の不安を理由に退会するケースが多い。定年退職年齢の引き上げなど社会状況の変化も後継者探しが難航する一因といい、活動規模の縮小を検討する団体も。防犯カメラなど防犯機器が普及する昨今だが、街頭に立つ「地域の目」の減少を懸念する声も上がる。...