ホーム
最新
山梨
全国・海外
スポーツ
安心・安全情報
おくやみ・催し・人事
写真・動画
分かる・知る
ビジネス

楽しい仕掛けや美しい装飾…ドイツ伝統のクリスマス飾り

2017年12月04日 11時07分
上部のプロペラと連動して小さな人形の飾りもくるくる回る「クリスマスピラミッド」

上部のプロペラと連動して小さな人形の飾りもくるくる回る「クリスマスピラミッド」

天使の飾り「クリストキント」

天使の飾り「クリストキント」

鮮やかな色付けがかわいいスズ製のオーナメント

鮮やかな色付けがかわいいスズ製のオーナメント

窓辺に飾れるよう奥行きのないものが多い「シュビップボーゲン」。どれも明かりをともすことができるようになっている

窓辺に飾れるよう奥行きのないものが多い「シュビップボーゲン」。どれも明かりをともすことができるようになっている

人形内部にお香を仕込むと口から煙を吐く「煙出し人形」

人形内部にお香を仕込むと口から煙を吐く「煙出し人形」

王様や兵士をモデルにしたものが多い「くるみ割り人形」

王様や兵士をモデルにしたものが多い「くるみ割り人形」

数字のポケットが付いた布製や、クリスマスツリー形などもある「アドベント・カレンダー」

数字のポケットが付いた布製や、クリスマスツリー形などもある「アドベント・カレンダー」

絵画のような「アドベント・カレンダー」。よく見ると絵の中に1~24の数字が書かれていて、めくって楽しむことができる=いずれも北杜・「清春 旅と空想の美術館」

絵画のような「アドベント・カレンダー」。よく見ると絵の中に1~24の数字が書かれていて、めくって楽しむことができる=いずれも北杜・「清春 旅と空想の美術館」

 12月に入り、街はクリスマスムードいっぱい。クリスマスツリーを飾る行為の発祥とされるドイツでは、この時季どんなクリスマスの飾りや楽しみ方をしているのだろう。北杜市長坂町中丸の「清春 旅と空想の美術館」では現在、「伝統と魅惑のドイツのクリスマス展」を開催中。館内にぎっしりと並ぶ多彩なクリスマスのグッズを通し、ドイツのクリスマスの伝統、家庭などで受け継がれてきた風習などについて、館長の清水純子さんに教えてもらった。〈五味優子〉

 「伝統と魅惑のドイツのクリスマス展」は25日まで。月―水曜休館。問い合わせは「清春 旅と空想の美術館」、電話0551(32)8188。
...