ホーム
最新
山梨
全国・海外
スポーツ
Eye
安心・安全情報
おくやみ・催し・人事
写真・動画
分かる・知る
ビジネス

表彰式・入賞者ライブリポート
高校生ボーカル&ダンス選手権

2017年12月01日 08時56分
G-IZM

G-IZM

RCCDa STA

RCCDa STA

vetro

vetro

田沢久留未さん(巨摩1年)

田沢久留未さん(巨摩1年)

岩川侑磨さん(増穂商2年)

岩川侑磨さん(増穂商2年)

桜田汐音さん(市川2年)

桜田汐音さん(市川2年)

三井陽麗さん(山梨学院1年)

三井陽麗さん(山梨学院1年)

 予選、本選と熱い戦いが繰り広げられた「第9回ときめきゾーンカップ 高校生ボーカリストアワード&ダンスパフォーマー選手権」(山梨日日新聞社・山梨放送主催、オギノ協賛)は、中央市のオギノリバーシティショッピングセンターで行われた表彰式と入賞者ライブで幕を閉じた。入賞した“精鋭”7組は、最後のライブでも熱のこもったパフォーマンスを披露。語った言葉も熱かった。〈山本文香、撮影・広瀬徹〉

▼ダンス部門
【グランプリ】
G-IZM(ジーイズム)
 「中学の時からこの大会で3連覇することが目標なので、グランプリを取れて良かった。ダンススクールや学校でも反響があってうれしかった。自分たちを初めて見てくれた人にも印象に残ったらいい」

【準グランプリ】
RCCDa STA(ロックダスタ)
 「結果は正直悔しい。来年はもっとうまくなって、また出たい。入賞者ライブは思い出に残るようなステージになった。次は絶対グランプリを取れるように頑張りたい」

【特別賞】
vetro(ヴェートロ)
 「2人で踊るのも最後。今回このステージに出場して、賞をもらえて良かった。悔いのないよう今までの力を出し切って、最後にふさわしい踊りができた」

▼ボーカル部門
【グランプリ】
田沢久留未さん(巨摩1年)
 「結果を聞いて本当にうれしかった。本選でも入賞者ライブでも全てを出し切れた。周りから祝福され、人の優しさに触れることができた。歌っている時が一番自分を表現できるので、ずっと歌い続けていきたい」

【準グランプリ】
岩川侑磨さん(増穂商2年)
 「これほどの賞をもらえると思っていなかったので、準グランプリという結果に驚き。聞いてくれた方々から『歌声がきれいだった』『感動した』という言葉をいただき、本当にうれしかった」

【審査員特別賞】
桜田汐音さん(市川2年)
 「緊張したけど、ちゃんと歌うことができた。入賞して友だちや先生から声を掛けてもらった。イベントなどにも参加して、このまま歌を続けていけたらいい」

【ときめき高校生賞】
三井陽麗さん(山梨学院1年)
 「本選は会場の皆さんが手拍子してくれたおかげで盛り上がれたと思うし、自分もすごい楽しかった。苦しいときに歌に助けてもらったので、色んな場で歌い、笑顔や元気を届けられたらいい」