ホーム
最新
山梨
全国・海外
スポーツ
安心・安全情報
おくやみ・催し・人事
写真・動画
分かる・知る
ビジネス

「百万円」が2千円!? 南ア・穂見神社「資本金借り」とは
~やまなしの「なぜ」

2017年11月28日 11時05分
「資本金」の申込書を提出する窓口。パネルには「百万円」単位の額が書かれているが…

「資本金」の申込書を提出する窓口。パネルには「百万円」単位の額が書かれているが…

資本金申込書。書き込む金額は、受け取る資本金章に記される金額。2千円を奉納する場合、百万円と書く

資本金申込書。書き込む金額は、受け取る資本金章に記される金額。2千円を奉納する場合、百万円と書く

2千円を奉納すると「百万円」の資本金章と千円の新券が手渡される

2千円を奉納すると「百万円」の資本金章と千円の新券が手渡される

神楽殿では太々神楽が奉納された

神楽殿では太々神楽が奉納された

ライトアップされた穂見神社の鳥居=いずれも南アルプス市高尾

ライトアップされた穂見神社の鳥居=いずれも南アルプス市高尾

 南アルプス市高尾の穂見神社で毎年行われている秋の例大祭。そこで全国でも珍しいとされる「資本金(もとで)借り」と呼ばれる風習があると聞き、どんなものなのか知りたくなった。ひょっとして神社でお金を貸してくれるのかも⁉ 早速、櫛形山の中腹にある神社に向かった。〈橘田俊也〉

 2日間にわたって行われる祭り初日の夜。山梨日日新聞社の峡中支局がある市街地から、西の山間地に向けて車を走らせること15分。暗い林道に車列が見えた。境内近くにある駐車スペースに入るまでの渋滞だ。祭りの盛況ぶりが分かる。止めてある車のナンバーを見ると山梨県外も目立つ。...