ホーム
最新
山梨
全国・海外
スポーツ
安心・安全情報
おくやみ・催し・人事
写真・動画
分かる・知る
ビジネス

食中毒防止 総菜販売スーパー厳戒

2017年10月08日 05時00分
トングがスタンドに戻っているかなどを点検する店員=甲府市徳行1丁目の「オギノ貢川店」

トングがスタンドに戻っているかなどを点検する店員=甲府市徳行1丁目の「オギノ貢川店」

 埼玉、群馬両県の系列総菜店の客が、腸管出血性大腸菌O157に相次いで感染した集団食中毒を受け、山梨県内の食料品販売店が対策に力を入れている。食中毒が発生した店は総菜を大皿で販売する量り売り方式で、取り分けに使うトングが菌を媒介したとの指摘がある。各店は小分け販売への変更、トングの本数を増やすなど衛生管理に重点を置く。運動会や行楽のシーズンは総菜の消費が伸びるといい、消費者は「店に万全の対応を求めたい」と話す。...