ホーム
最新
山梨
全国・海外
スポーツ
安心・安全情報
おくやみ・催し・人事
写真・動画
分かる・知る
ビジネス

「初雪化粧」と「初冠雪」日が違う年があるのは!?
~やまなしの「なぜ」

2017年10月06日 11時05分
「初雪化粧」宣言が出された日、山頂にうっすらと雪が積もった富士山=富士吉田市上吉田から撮影(2016年9月25日)

「初雪化粧」宣言が出された日、山頂にうっすらと雪が積もった富士山=富士吉田市上吉田から撮影(2016年9月25日)

「初冠雪」の日の富士山。「初雪化粧」宣言から1カ月遅れの発表だった=山日YBSヘリ「ニュースカイ」(NEWSKY)から空撮(2016年10月26日)

「初冠雪」の日の富士山。「初雪化粧」宣言から1カ月遅れの発表だった=山日YBSヘリ「ニュースカイ」(NEWSKY)から空撮(2016年10月26日)

「初雪化粧」と「初冠雪」

「初雪化粧」と「初冠雪」

 富士北麓地域もすっかり秋が深まり、朝夕は涼しさを通り越して肌寒さが感じられるようになってきた。北麓地域担当の記者はこの時期毎朝、富士山に積雪があるか確認することが習慣の一つ。富士山での初雪は、富士吉田市と甲府地方気象台が発表しているが、昨年は市が発表する「初雪化粧」宣言が9月25日だったのに対して、気象台の「初冠雪」宣言は10月26日と1カ月の開きがあった。なぜ、ズレが生じるのだろうか。〈清水一士〉...