ホーム
最新
山梨
全国・海外
スポーツ
安心・安全情報
おくやみ・催し・人事
写真・動画
分かる・知る
ビジネス

運動会で速く走るには? 元五輪代表監督が教えます

2017年09月20日 05時00分
「桐生選手のように最後まで走り抜けて」とアドバイスする麻場一徳教授=甲府・山梨学院大

「桐生選手のように最後まで走り抜けて」とアドバイスする麻場一徳教授=甲府・山梨学院大

 陸上男子の桐生祥秀選手が100メートル9秒98の記録を樹立した。日本人で初めて「10秒の壁」を破り、風のように走り抜ける姿に感動した人も多いだろう。どうしたらそんなに速く走れるの? そんな疑問がよぎったかもしれない。県内各地の小学校では運動会シーズンを迎えている。桐生選手のように、とはいかなくてもリレーや徒競走(かけっこ)で「速く走るこつ」とは? リオデジャネイロ五輪で陸上競技日本代表監督を務め、桐生選手を間近で見てきた麻場一徳山梨学院大教授に聞いた。...