ホーム
最新
山梨
全国・海外
スポーツ
安心・安全情報
おくやみ・催し・人事
写真・動画
分かる・知る
ビジネス

「解読 刻書土器」地元豪族の文化水準示す

2017年09月14日 05時00分
仮名文字で和歌が刻まれた「和歌刻書土器」。文字と文字をつなげる「連綿」という手法が取られている

仮名文字で和歌が刻まれた「和歌刻書土器」。文字と文字をつなげる「連綿」という手法が取られている

一般公開された和歌刻書土器を見つめる来場者=甲州市民文化会館

一般公開された和歌刻書土器を見つめる来場者=甲州市民文化会館

 甲州市のケカチ遺跡で出土した、仮名文字で和歌が刻まれた10世紀中ごろの「和歌刻書土器」は、仮名文字成立期の字形を伝える数少ない資料として全国から注目を集めている。研究・解読に携わった考古学や国文学、書の研究者の見解を基に、土器が物語る古代甲斐国の姿や背景、歴史的意義を読み解く。...