ホーム
最新
山梨
全国・海外
スポーツ
安心・安全情報
おくやみ・催し・人事
写真・動画
分かる・知る
ビジネス

科学捜査展の入館者、2万人突破

2017年08月13日 14時50分
2万人目の来場者となり、小松万知代館長(左)から記念品を贈られる数野さん一家=甲府・県立科学館

2万人目の来場者となり、小松万知代館長(左)から記念品を贈られる数野さん一家=甲府・県立科学館

 山梨県立科学館の夏期特別企画展「科学捜査展~真犯人はだれ?!」(県青少年協会・同館主催、山梨日日新聞社・山梨放送共催、県警本部協力)の来場者が13日、2万人を突破した。
 2万人目となったのは、東京都練馬区から帰省中の数野智弘さん(34)、由加子さん(34)、多映ちゃん(3)、由実ちゃん(4カ月)と、智弘さんの父秀明さん(66)=甲府市古府中町=ら一家。同館の小松万知代館長から、記念品として科学館オリジナルのタオルハンカチや星座早見盤などを受け取った。多映ちゃんは「ライトを当てて足跡を探すのが楽しかった」と話していた。
 同展は足跡鑑定などの科学捜査に関する手法を学び、体験することができる。27日まで(期間中無休)。入場料は大人200円、高校生以下は無料(別途入館料が必要)。〈清水悠希〉